ホーム > 住まいのコラムトップ
> インテリアのコラム
> 01 「カーテンへの固定観念」



インテリアのコラム

カーテンへの固定観念


カーテンはインテリアでとても重要な要素です。


窓は部屋の壁面の大きな割合を占めています。
光と風を取り入れるために、大きな窓を望まれるケースが多いので、カーテンの面積も大きくなるわけです。

つまり、カーテンの素材感、イメージで空間の雰囲気が大きく変わるほど、インテリアの決め手になってきます。


しかし、壁面の大きな割合を占めているカーテンに対して
「遮光生地が絶対に良い」
というようなイメージを持たれている方が意外と多いようです。

高級感があると思うから遮光生地にしたい、と言われたこともありました。


しかし、遮光のカーテン生地は良い素材感や、ほど良い色の生地が少ないと思います。



 



機能的に遮光生地が必要なお住まいもあります。

上の写真のお住まいは東側に大きな窓が連続しているので、朝日による熱が厳しいそうです。
そのために遮光生地のカーテンであることが必要な要素でした。

その他にも、お隣の建物が近接しているけれど、
夜遅くまで起きているので光がもれてお隣の家に迷惑をかけたくない、というようなケースもあるでしょう。
そのような理由があって、初めて遮光生地を選んだ方が良いと思っています。

上の写真のお住まいは遮光生地の厚地にする必要があったため
遮光生地をシェードとして、フロントにやわらかい雰囲気の柄の入ったレースを設けました。

フロントにレースを設けるケースも増えています。
厚地は夜だけしか見ないので、レースにこだわる、という点が良いと思っています。



また、「ホコリがたまりやすいので、カーテンの無い暮らしがしたい」と言われるケースも増えています。

基本的にカーテンが無くても暮らせるように窓の計画をしていましたが
やはり日射や外からの見えを考えるとカーテンが必要かもしれませんね、と相談された時に
下の写真のミラーレースはいかがですか、と提案しました。



 



外から室内が見えにくく、UVカット効果もあるので日差しが入っても暑くなりにくいカーテンです。

このミラーレース、シンプルでも機能的で良い素材感のものがあるのでオススメです。
今はこのレースを1枚掛けとしています。
将来的に、また、季節に応じて厚地が必要になることもあるでしょう。
その暮らしに応じてカーテンを変えることも、また暮らしを楽しむ要素なのではないかなと思います。


まずは固定観念を捨てて、その部屋に必要なカーテンの機能は何か、考えてみましょう。


カーテンは本工事の予算に入れないケースも多いのですが
たいていのお客さまがカーテンのコーディネートまで依頼されます。

コーディネートが必要な窓と、既製品を利用しても良い窓があっても良いと思います。
そのあたりも、自由に家づくりを楽しんでもらいたいなと思っています。


2012.11.01 更新 




コラムトップに戻る

上へ戻る