ホーム > 住まいのコラムトップ
> 住まいづくりのコラム
> 01 「リアルな子育てを元にした家づくり」



住まいづくりのコラム

リアルな子育てを元にした家づくり


「子どもが生まれたら家が狭くなると思うので、家を建てたい」

「子どもが学校に入る前に、家が欲しい」

「そろそろ子ども部屋を設けてあげたいので、家を建てたい」


家づくりのきっかけに
「子ども」
の存在がある家庭はとても多いと思います。



 



以前は子ども空間というと「子ども部屋」「勉強机」などの空間だけ想定されていましたが

「子どもが賢く育つ住まい」
「子どもを元気にする住まい」

というような、「こそだて」をテーマに住まいを提案するハウスメーカーも増えています。
以前より、子どもとの関わり方を考えて住まいづくりを始める建築主も増えています。


そして、みゆう設計室の家づくりも、当初より「子どものいる住まい」をテーマにしています。

子どものいる住まいで取り入れると良い要素は色々ありますが
みゆう設計室の「子どものいる住まい」の提案は
「リアルな子育て」をベースにしていることが特徴です。


子どもって、それぞれ性格も違って、それぞれに個性があります。(もちろん大人にも同じことが言えます。)


子どものいる住まいだから、といって全ての家で同じ内容を持ってくるのではなく
その家族のこそだての仕方とか、家族の考え方とか
子どもの性格、親子が持つ時間、家族の将来像などなどをトータルして考えることが大事。


私自身が「子どもはマニュアル通りには育たない!」ということを実感している母です。
家づくりにも、子どものいる住まいづくりにも、完全マニュアルはない。
ニュートラルな考えを持ち、その家族に合わせた家をつくることが、
「リアルな子育て」をベースにした家づくりなのだと思っています。

そして、そのニュートラルな考えを持った家とは、「変化に対応できる住まい」であるべきだと思っています。



 



子どもが小さいうちは、子ども中心、子育てをベースにした暮らしになるかもしれません。
しかし、子どもは成長し、家族の生活スタイルも変化します。
その変化に対応することを前提としたプランにするためには
そのご家族の暮らしに「必要なもの」を明確にし、「不要なもの」を削ぎ落とす必要があります。

将来的に必要になるかもしれない、と言って新築時に固定した家具や部屋をつくる必要があるか否か。
その時を想定した暮らしと今の暮らしを考え
そのご家族にとって必要か否か共に考える機会を設けています。


「子どものいる住まいづくり」だからこそ
自分たちの暮らしのビジョンを持った家づくりを楽しんでもらいたいなと思っています。

2012.11.01 更新 




コラムトップに戻る

上へ戻る