◆ 新築住宅の家づくり・設計の流れ


【設計から工事まで、設計監理のすすめ方】

【設計費用・支払いの時期】


お問合せ

まずはお気軽にメールやお電話にてご連絡下さい。
メールやお電話での質問等も、可能な範囲でお答え致します。
お問合せメールフォームは → こちら
ご希望の方には「みゆう設計室の家づくりレシピ」をプレゼント。
まずはここから、家づくりの方向性を考えましょう。

初回相談

初回相談

要望、資金計画、土地などについて面談にてご相談を伺い
必要に応じて簡易プラン、資金計画等(無料)をご用意します。
(※無料でご提案した簡易プランを他社で利用することはご遠慮ください。ご理解頂けるかたのみのご提案となります。)
資金や住宅ローンの不安を抱える方には、
ご希望に応じてファイナンシャルプランナーをご紹介します。

相談料は無料。
相談訪問、土地のご相談(立会い)、法的な条件の調査に関しては交通費等実費のみご負担下さい。

イメージ
づくり

初回プレゼンテーションを依頼して下さった方には
ご希望に応じて「my home book」をプレゼント。
家づくりのイメージをまとめるお手伝いを致します。
このノートに住まいへの夢を綴り、家のイメージを固めましょう。
住まいの夢を綴るノートについては → こちら

イメージ作り

初回プレゼン

要望や敷地条件などを元に図面や模型などを使って計画案を作成します。
案と資料の準備に、2〜3週間程度の期間が必要です。
初回プレゼンテーションの参考例は → こちら

初回プレゼン

初回計画案50,000円(※)
契約後は設計料に含む

設計契約

基本計画案を見て、家づくりのパートナーと認めて頂けましたら設計契約をします。→「設計契約とは?」
設計契約では業務範囲とその報酬、支払方法を決めます。

設計監理契約時:設計料の20%

基本設計

「基本設計」では間取りや仕上げ、設備や構造などを決め、図面などで具体化します。
さらに、スケジュールや予算も整理していきます。

基本設計

実施設計

次は工事を適切に進めるため、工事見積をとるための
より具体的な「実施設計図面」を作成します。
実施設計完了後、その図面で施工会社に見積をとります。

見積を出す施工会社に関しては、みゆう設計室から数社選んで相見積にする場合、1社指定の場合、建築主の希望する会社を含む相見積など状況に応じて選定します。

実施設計

実施設計完了時:設計料の40%

各種申請

確認申請・他関連法規制申請等の申請を行います。
申請は建築主が行うものですが、その業務を代理して行います。

各種申請費用は別途ご負担下さい。

工事契約
着工

施工会社による見積の調整・相談をした後、
建築主自身が施工会社を決めます。
工事費用の調整、良いと思う施工会社のアドバイスを行います。

施工会社が決まりましたら工事契約をして工事着工となります。

地鎮祭

(地鎮祭)

監理

工事が始まったら、設計図通りに工事が進められているか、
工期に遅れはないか、材料に間違いはないか、
などのチェックをし、施工会社と建築主の橋渡しをします。
現場では設備、色や素材などを建築主・施工会社と共に再確認します。

工事監理

上棟時:設計料の20%

竣工
引渡し

建築確認申請の完了検査後、施工者・監理者検査を行い、建築主立会いの元最終検査をします。
合格すれば、カギ等をお渡しして引渡しとなります。

竣工

竣工時:設計料の20%

アフター

完成後も住まいのパートナーであり続けます。
困ったときはご相談下さい。
完成後1年程度たちましたら、施工者と共に検査にお伺いします。




リフォームやリノベーションもこちらの流れをベースに行いますが、異なる点に関してはこちらをご確認ください。

「リフォームの設計・工事の流れ」は → こちら



上へ戻る