リフォームの設計

今お住まいの家に手を加える、また中古住宅を購入して好きな暮らしに対応した住まいに作り替える、
近年リフォーム・リノベーションの需要は増えていると思います。

スクラップビルドの考え方より、今あるものを大切に使う、素敵な「住まい替え」であると思います。


また、リフォームとひとことで言っても、いろんなリフォームがあります。例えば・・・
  ■ 雰囲気を変えるために空間や仕上げ材を替えるリフォーム
  ■ 劣化したもの・機能が古くなったものを取替、補修するリフォーム
  ■ 使い勝手や居心地、機能を改善するためにするリフォーム

みゆう設計室の場合は設計事務所なので設計監理費が発生します。
現状と同じような壁紙・床の張替、水回りの交換などであれば、リフォーム専門工事会社に依頼するほうがコストダウンできるのは事実です。(もちろん、リフォーム工事施工業者を紹介することも可能です)

しかし、今のお住まいを素敵なインテリアの住まいにリフォームしたい
使いやすく家事が楽しくなる収納を計画してほしい、子供を見守れるスタイルにリフォームしたい・・・

というように、デザイン・機能・構造的に今より良い空間にしたい
また、女性の設計者のアドバイスとサポートで、安心できるリフォームをしたい
という方は、ぜひ、みゆう設計室にお問合せください。



◆ リフォーム・リノベーションの設計費用・ご相談


リフォームはマンション、戸建住宅、構造や築年数、規模や予算によって相談の内容や設計の仕方が変わります。
まずはリフォームされる建物を確認させて頂き、面談の上、今後の方向性をつかみましょう。
リフォームの場合は2つの初回相談の方法があります。



リフォームの設計費用

【まず、相談だけしたい】


初回相談のみ、という場合は無料でご相談を承ります。
(訪問の場合は交通費実費ご負担頂きます)


2回目以降、初回デザイン提案をご希望の場合は有償となります。

2回目以降の相談(¥10,000/回)

初回デザイン提案+概算見積書作成
(¥50,000・提案期間は2〜3週間程度)

リフォームの設計費用

【インテリア相談として、相談をスタートしたい】


インテリア相談」では、今のお住まいの悩みを伺ったり、
リフォームの相談、将来的な暮らし方の相談などを
2時間程度\5,000で伺います。

リフォームの工事をする、しないに関わらず相談を受けますし
必要以上の工事をお勧めすることはありません。

また、インテリア相談を依頼された方の場合は、簡易なリフォーム提案+概算見積書まで無償でご用意できます。

インテリアコーディネートをご希望の方も、こちらをご利用ください。
インテリア相談のみのご依頼も可能です。



設計・監理費用は、リフォームの程度、建物の構造、監理の内容・程度により増減致します。
詳細は、ご相談の上決めさせて頂きます。
設計にかかる業務(設計・監理)の費用は下記の通りです。

  工事請負金額 設計監理料のめやす
(工事費に対しての割合)
  〜200万20%(下限20万円)
  200万〜500万15%(下限40万円)
  500万〜2,000万12%
  2,000万〜10%

☆ リフォームの初回提案 ¥50,000・プレゼン資料+概算見積書
  初回提案は、契約に至らなかった場合のみ発生する費用です。
  契約に至った場合、最初から設計を依頼して下さる場合は不要です。

☆ 耐震診断等の費用は別途となります。
  増築の場合は、現況図作成・現況調査・耐震診断・申請業務等により、
  新築よりも設計料が増額する場合もありますのでご了承ください。

☆ 主要用途・規模・構造等により、
  構造計算等の費用を別途請求させて頂く場合もあります。

☆ 「各種申請手数料」「遠方の場合の交通費」は別途となります。

☆ 支払いの時期は、契約時50%(規模・内容によっては工事着手時)、工事完了時50%と致します。
 規模が小さいもの、設計期間が短いものの場合は工事完了時に一括支払いとすることもあります。



→ ご相談依頼・問合せ




◆ リフォーム・リノベーション設計の流れ


リフォーム・リノベーション設計も、新築住宅と同じ流れで設計を進めていきますが、
マンション、戸建住宅、構造や築年数、工事規模によって設計・工事の対応が変わります。
また、「住みながらのリフォーム」である場合は、工事段取や工事の期間も変わります。
そのような点も建築主の負担にならないよう、柔軟な対応で設計、工事監理を行います。

また、中古住宅を購入してリフォーム・リノベーションを行う場合、
購入予定の物件に対してのアドバイスや現地立会いも可能です。



リフォームの設計費用

【設計をはじめる前に…】


 ・何を改善するためのリフォームであるか
 ・水回りの改修があるか否か
 ・断熱、水漏れの改修があるか否か
 ・給湯や熱源の改修があるか否か

戸建住宅の場合は
 ・増築、減築があるか否か
 ・躯体・基礎等の改修があるか否か
 ・外壁、屋根、サッシの改修があるか否か

それらをベースに、どのような暮らしをしたいか
今のお住まいの良い所、悪い所なども伺うことで提案を進めます。


リフォームの設計費用

【初回提案から設計契約まで】


まずはご要望と工事項目を確認して、
暮らしと住み方のご要望をお伺いしてから初回提案を行います。

初回提案後、又は概算見積提出後に、設計を進めることが決まりましたら設計契約を行います。(小規模のリフォームの場合は省略することがあります)


→ 設計契約について


リフォーム・リノベーションの場合は改修前の住まいが存在するので、工事を行う、行わない項目のセレクトが重要になります。何の工事が必要であるか、対話によって暮らし方、住まいのあり方を考えてもらい、必要な工事をセレクトしてもらっています。


リフォームの設計費用

【設計から工事施工者の決定まで】


設計契約後、細かい内容を決める実施設計に入ります。

リフォームの場合は「工事期間」が重要な要素になりますので
その期間に合わせた設計、工事見積を進めます。

リフォームの工事見積は、施工者の現場調査を先に行います。
施工業者の選定、見積の調整などのサポートもおまかせください。

工事が始まると、リフォーム・リノベーションの場合、
現地調査と過去の設計資料を基に設計を進めてきたものに対して
現場での変更対応が必要な場合がありますが、
その際には柔軟な設計対応と現場指示を致します。



簡易なリフォームについて

◆ 簡易なリフォームについて


簡易なリフォームに関しては「インテリアコーディネート」のページをご覧下さい。

リフォームをするかどうか、不明な場合の相談として
「インテリア相談」業務も行っています。

こちらは今のお住まいのご相談としてお伺いしますので
工事をお勧めすることはありません。
まず相談から、と思われる方はこちらもご利用下さい。


→ インテリアコーディネート

→ インテリア相談




上へ戻る